なぜ体毛は生える?


人間の体毛の役割についてですが、体毛の役割には、大きく分けると3つの役割があるのです。 1つは、身体の大事な部分や肌を守るという役割です。人間の全身に生えている体毛はまずは肌を守るために生えているのです。

その中でも、頭や脇のそして陰部などといったように腕や脚などとは違って密集して生えている部分があります。この密集している部分は人間の身体の中でも実は人間の身体にとってとても大切なところなのです。

その体毛はその部分を守るようにするために生えているわけです。例えばその部分に強い衝撃を受けた時に出来る限りダメージを軽減するために、その体毛はそのような役割を果たしており、身体に悪影響を及ぼしてしまう刺激に対してそれらの衝撃をブロックするなどといったような大切な役割を果たしているのです。

次に体毛の役割としては、刺激に対するセンサー機能に役割を果たしているのです。これは毛を作り出す細胞組織には人間の神経の末端が集中していることから、肌にさまざまな刺激が届く前に毛はその感触を取られるのです。つまり危ない刺激かどうかを察知するセンサーの機能の役割を体毛が担っているのです。

そして次に体毛の役割としては体温を一定に保つという大切な役割があります。肌は直接外気に触れてしまうと直接熱や冷気が伝わってしまいます。そのことによって体温をが左右されてしまうのですが体毛があることによって身体の表面から熱が逃げることを防止して人間の体温を一定に保つことができるのです。

このように本来人間の体毛は人間にとってなくてはならないものだったのです。しかし最近では、エアコンなどの発展により体温も10に保つことができるようになったことから本来の体毛の役割は必要とされなくなってきたのです。

強いて言えば人間の体毛は必要とされているどころか、特に女性の場合には腕や足さらには脇の下などの体毛を生やしたままにしておくような事は女性としてのマナーに欠けているという意識も高まってきているのです。そのため、その部分を露出するときにはしっかりと体毛の処理をするという考えは最近では一般的となってきているのです。