失敗しない医療脱毛


脱毛は医療行為

脱毛はエステやマッサージサロンなどのように民間医療だと勘違いされている方が多いのではないかと思いますが、実は脱毛するにはれっきとした医療行為なのですそのため基本的にはエステティックサロンなどではレーザーなどを使った脱毛処理は禁止されています。

そのためしっかりと信頼できる医療機関で行うべきなのです。エステサロンなどでも脱毛用のレーザー機器を置いているところがありますが、そのレーザー脱毛用機器は医療機関が使うような機械に比べ、出力が弱いため非常に時間がかかってしまったり、その影響で様々なトラブルを起こす可能性があるのです。

脱毛には大きく分けて、電気脱毛とレーザー脱毛という2種類の脱毛方法があります。まず電気脱毛で、特に永久脱毛ですが、永久脱毛は厚生省・医事課よって永久脱毛を商売として行った場合、医師法第17条の医業に該当し、医師以外の者が行えば医師法違反となるとの回答が出されており、 医療機関以外では永久脱毛行為は禁止されています。

しかし(一見矛盾しているのですが)医療機関で特殊な診療、例えば特殊な電気脱毛などの施術を実施しても、その事実を広告することは法律で禁じられているのです。要するにその施術内容を広く一般に伝えることができいないわけです。

ところが一方でエステサロンなどのような医療機関以外のところでは広告基準んなどの法律が存在しない自由に勝手に広告宣伝できるわけです。 その結果、厚生省・医事課からの禁止の通達があったとしても、脱毛の広告が特にお咎めなしにマスコミに氾濫するというのが現状です。

エステサロン脱毛は厚生省・医事課からの禁止の通達のある違法広告が多い

 

永久脱毛とは

永久脱毛の定義

脱毛を考えている人のほとんどの人は脱毛をするなら、もう二度とムダ毛は生えてきてほしくないと思っていると思います。できることなら永久に無毛になりたいと考えている人がほとんどだと思います。だから永久脱毛したい。でも「永久脱毛」とは100%無毛にしてしまう事では無いのです。

それでは何をもって「永久」というのでしょうか。脱毛協会では永久脱毛を「最後の脱毛終了から1ヶ月後の、毛の再成率が20%以下である脱毛法」と定義しています。しかし実際にはクリニックなどの医療機関でも、エステサロンでもそれぞれ異なった捉え方をして表現しているところもあるのです。

脱毛協会の定義では「1ヶ月後の毛の再成率が20%以下」とされていますが、エステサロンやクリニックによっては「数ヶ月以内( 3ヶ月とか6ヶ月)に毛の再成がないこと」というような表現をしているところもあります。

よって100%完全に無毛にすることはできなくても、実際にはいろいろな方法で施術を行うことによって「半永久的に」、事実上「永久」脱毛ができるようになっていると言われています。

永久脱毛のリスク

よく脱毛案内パンフレットなどに「確実で安全な脱毛」というようなキャッチコピーはよくありますが、これはリスクが全く0%という意味ではありませんのでご注意ください。その意味は「万が一何か問題が起きても(医師がいるあるいは医療体制が整っている)ので、適切な対応ができますよ。という意味なのです。

実際に医療脱毛は脱毛は様々なリスクが伴うというのは本当のところです。レーザー脱毛が普及している現在、最も確率の高いものが火傷(ヤケド)です。

レーザー脱毛による火傷の原因ですがレーザー脱毛とはその名のとおり、脱毛する毛根部にレーザーを照射し、その結果発生する熱エネルギーによって毛根の組織を破壊するというやり方なので、このときに発生したレーザーによる熱エネルギーが高温になりすぎると火傷となるわけです。このような脱毛施術は明らかに医療脱毛となります。

特に硬い毛(つまり毛根部の細胞がしっかりしている)をレーザー照射によってその毛根を破壊するためにはレーザーの勝者出力を上げる必要があります。レーザーの勝者出力を上げるわけですから、当然のことながらそれによって発生する熱エネルギーも高くなり火傷するリスクが高まるわけです。

火傷(ヤケド)を起こす多くの場合はこのように硬い毛(つまり毛根部の細胞がしっかりしている)を脱毛する必要がある医療脱毛を実施する際です。

 

しかしこれも皮膚の強さなどの個人差によって同じレーザー照射出力であっても、火傷になる方とならない方があり、個人差がありますので一概に火傷する危険があるとは言えないのです。ここがは医療脱毛の難しいところです。

また、医療脱毛であるレーザー照射によって発生する熱はその肌にメラニン色素が多いほど熱が発生しやすいため、特に夏などの日焼けした肌や日焼けサロンなどでメラニン色素が増えている肌にレーザー照射によって医療脱毛する際にも発生しやすいといえます。とはいえ、万が一火傷をしてしまった場合、火傷で最も困る事は、火傷の痛みよりも「火傷跡が残ってしまう」ことです。

火傷(ヤケド)跡はいずれは消えてしまうものですが、しばらくは恥ずかしい思いをしてしまいます。医療脱毛には非常に稀ではありますが、このようなリスクがあることを認識した上で、より適切なクリニックで施術してもらいましょう

エステ脱毛と医療脱毛の違い

最近エステティックサロンにおける脱毛の料金は非常に安くなっています。それに対して同じように毛根部分を破壊してしまう脱毛処理なのに、医療機関におけるいわゆる永久脱毛はその費用は高いというのが現状です。それでは医療脱毛とエステ脱毛器の違いは何でしょうか

脱毛手法の違い

最近、エステサロンにおける脱毛の料金は非常に安価なって来ています。それに対して同じように毛根部分を破壊してしまう脱毛処理にも関わらず、医療機関におけるいわゆる永久脱毛はその費用は高いというのが現状です。それでは医療脱毛とエステ脱毛器の違いは何でしょうか。

つまり、エステティックサロンではこの発毛指令を出す細胞を破壊ができないため、この毛根細胞に対してわずかにダメージを与える程度なのです。

そのため医療クリニックで行うような強力なレーザーによる毛根細胞の破壊による脱毛は短期間で脱毛可能ですが、エステティックサロンのように細胞を破壊せずに徐々にダメージを与えていきながら脱毛処理をする場合、どうしても時間がかかってしまいます。そのため費用も高くなってしまいがちです。

また、クリニックなどの医療機関には医師が常勤しているため、万が一施術中に何らかのトラブルが発生しても適切な処置が行えるため、強力なレーザー機器を使う医療脱毛が国から許可されているわけなので、万が一の時にも安心なわけなのです。

もう一つの医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いは医療機関であるクリニックには様々な広告に関する規制があると言うことです。医療機関の場合、薬事法や医療法など様々な法令とそれに関連する広告の指針に抵触するような広告をすることはできません。

しかし一方、エステティックサロンは医療機関ではないためそのような法規制に縛られることありません。そのためファッション雑誌やインターネット、社内の吊り広告や街中の大きな看板などで華やかな広告を打つことが可能なのです。そのような広告の中には明らかに誇大広告であったりひどい場合には虚偽広告まで存在しています。

そのため、「安全」「格安」「確実」「最高」などの言葉に惑わされ、脱毛してもらったが、「完全に処理できていなかった」とか「思わぬお肌のトラブルを招いてしまった」などのトラブルが現実には多々あるようです。

その他にも医療機関のように法で定められた診療報酬制ではなく、料金はあくまでも自由に設定できるため、あとからあとから次々と追加費用などを請求されしまい、結果として大きな金額になり、大きな借金を抱えてしまったなどのトラブルもあるようです。

上記のように(特に「本当の永久脱毛」)は医療機関だけしか実施することはできない医療脱毛なのです。医療機関以外の輸出ティックサロンなどで行われる「永久脱毛」は違法行為なのです。そのため永久脱毛されたい方はきちんとした医療脱毛が実施できる医療機関でありクリニックでご相談され、適切な医療脱毛をお受けになることをお勧めいたします。

医療脱毛脱毛の種類とリスク

本来医療機関でしかできない医療脱毛(特に永久脱毛)ですが、その方法には大きく分けて電気脱毛法とレーザー脱毛法の2種類あります。

さらに細かく分けると医療機関では医療用電気脱毛法と医療用レーザー脱毛法があり、エステサロンなどではブレンド法といわれる電気脱毛法やIPLというフラッシュライトを利用した脱毛法があります。医療用電気脱毛法というのは「小林式脱毛法」とも呼称されている医療脱毛法です。

この医療用電気脱毛法という医療脱毛では、プローブと呼ばれる細い針を毛穴に差し込み、強い電気(高周波)を流すことで、毛根を焼いて破壊してしまうという方法です。このプローブと呼ばれる細い針は電気を通さないいわゆる絶縁体で覆われているため、離れた肌には電気が通らないようになっています。

しかも1つの毛根に電気を通す時間は1秒以内ですので(全く痛みがないわけではありませんが)痛みが非常に少ない状態で種子ができるようになっています。
しかもお肌の表面には一切傷が残らないようになっているため、肌がとても綺麗なまま脱毛することが可能なのです。

しかしこの電気脱毛法を行なえるのは医師又は看護師の資格を持っていることが条件で、さらに一定以上の時間の訓練を受けて試験に合格している必要がありますので、永久脱毛をご希望の場合にはこのような電気脱毛法実施できるクリニックなどの医療機関で永久脱毛を行うことをお勧めいたします。

医療脱毛において。医療レーザー脱毛法は1997年に海外から納入され医療機関にのみ許可された脱毛法です。前述しましたように高出力のレーザー照射によってメラニン色素などのある黒い部分だけで熱エネルギーを発生させ、その熱によって毛根を破壊するという方法です。

1997年に日本に導入された直後はレーザーの種類も少なかったのですが、最近では様々な脱毛処理に合わせた数種類のレーザー脱毛用の機器が生まれ、また、電気脱毛法に比べてスピーディーでかつ痛みも少ないうえ、同時に価格競争も起こってきたために、一気に広がってきて、現在では多くの方が受けることができる非常に身近な医療脱毛法となっています。

この医療用レーザー脱毛法が広まってくるにつれて、エステティックサロンなどで導入され始めたのがフラッシュライトというものを使った脱毛法です。

このフラッシュライトはレーザーではありませんが、視力を上げることによってそのフラッシュライトの光エネルギーからでもレーザー並みの熱エネルギーを毛根に与えることができるので、永久脱毛とまではいかなくても、それなりの脱毛効果を得ることができるのです。

そのためエステティックサロンなとで急速に普及したわけなのですが、問題点としていくらレーザーよりも出力が低いとは言え、熱エネルギーが発生することから、 (たとえ軽症であっても)火傷などのお肌のトラブルにならないとは限りません。

そこで問題となるのが、エステティックサロンが「医療機関では無い」ということなのです(そのため医療脱毛ができないという面もあるのです)。

医療機関の医療脱毛ならば「治療」も「お薬の処方」なども可能なのですが、エステティックサロンにはそれができないのです。

最後にブレンド法といわれる電気脱毛法と呼ばれるエステティックサロンなどで使うことのできる電気脱毛法ですが、これは医療脱毛用の電気脱毛法に比較して非常に出力の低い機械を使うため、それだけでは毛根破壊効果がが弱いため、同時に電気分解反応というものを組み合わせて(つまりブレンドして)毛根破壊する脱毛法です。

それでも医療脱毛用の電気脱毛法に比べれば出力は弱いので、 1つの毛根を破壊するために3秒から5秒かかると言われています。スリープこの方法も人の肌に「針を刺す」という行為をするわけなので、厳密に言えば医療行為だとも言えるのです。

どちらにしてもどんな脱毛方法であっても脱毛処置自体、限りなく医療行為に近い処置をするわけなので、万が一のトラブルが無いとは言えないわけです。

そのため「万が一の時に治療やお薬の処方などの医療行為ができない(禁止されている)」医療脱毛は、適切な技術を持った医療機関で医療脱毛受けられることをおすすめいたします。