脱毛の歴史


ムダ毛の歴史は古代からある

古代においては主に宗教的な観点から脱毛してきたという経緯があるのですが、具体的には主に身体の毛を除去することによって冷静さを保つことが目的だったと言われているのです。そのようなことから現在でもイスラム教などの文化圏では男性などもアンダーヘアの脱毛処理をしている人が多いようです。また、古代から人間は脱毛に関心を持ってきたのです。例えばローマ時代の公衆浴場等では男性は毛を抜いたりしていたと言われています。また紀元前3,000年頃にはいわゆる脱毛ワックスのようなものが既に一般的に使われていたと言うので、人間とムダ毛との格闘の歴史が長いと言えるでしょう。

あの絶世の美女と言われていたクレオパトラも脱毛していたと言われています。

実は人間はなんと2万年以上前からムダ毛と格闘してきたのです!古代遺跡からも石器の刃物で毛を剃っていた証拠が発掘されているのです!

日本における脱毛の歴史

日本の脱毛の始まり

平安時代の脱毛

この日本でも平安時代の文献にハマグリの殻で毛を挟むようにして毛を抜いていたという記述が見つかっているのです。このように非常に長い歴史の中で、人間はムダ毛との戦いをつけてきたにもかかわらず、人間自体そのものはムダ毛がゼロの身体になると言う進化を遂げることができなかったのです。そのようなことから、脱毛手段が進化し続けてきたと言えるのです。

また江戸時代の遊女たちがアンダーヘアーを整えたり一般的にも眉を剃るなどとといったように様々な脱毛をされてきたのです。江戸時代の遊女は平たい軽石を2つ使ってそれを陰謀の間に挟んでこすって毛を切ったり線香などを使って焼き切ったりして脱毛していたのです。

この方法であれば毛の切り口が滑らかになり、チクチクと痛みを感じないのが良かったと言われているのです。そして手の毛の脱毛には日本でも脱毛剤を使用されていたことが書物に記載されているのです。

この江戸時代に使われていた脱毛剤とは木の実からとった油と軽石を砕いて粉にしたものを混合したもので、これを掌に乗せて破談に刷り込むようにすることによって毛を磨耗させて切ってしまうという脱毛方法なのです。また脱毛の後のアフターケアについては、ウグイスの糞も塗ったりへちま水などを使用していたようなのです。

現在のように日本で脱毛処理が一般的になってきたのは1,960年代からだと言われているのです。それまで日本では多多くの女性が和服を着ていた為、目立つことがなかった脇の下でしたが女性は洋服を着るようになった為、脇の下のムダ毛を処理すという脱毛処理をするようになったのです。