脱毛クリニックや脱毛サロンに行く前に知ってきたい脱毛の常識


脱毛サロンと脱毛クリニックの違い

例えば、いざ脱毛してもらおうと考えて脱毛をしてもらえる場所を探すと皮膚科や美容クリニックなどの医療脱毛とエステサロンや脱毛サロンなどの専門店で行う美容脱毛という2つの種類があることに気づくでしょう。それではこんな医療脱毛と美容脱毛とはどのように違うのでしょうか?

その違いは簡単に言えば「光脱毛の照射力の違い」なのです。このように光脱毛器のパワーが違う分だけ脱毛の効果や脱毛施術の回数や脱毛時の痛みなどにも歯違いが出てくるのです。メイクアップそれでは実際に医療脱毛と美容脱毛の特徴と合わせてそれぞれの脱毛方法の比較をしてみましょう。

医療脱毛の特徴

医療脱毛はニードル脱毛や医療レーザー脱毛を使用した脱毛方法が一般的ですが医療レーザーの場合にはその照射パワーが強いためかなり強い痛みが伴うことがほとんどです。

ただし、その分だけ脱毛効果は非常に高く毛を作っている組織を早期に破壊する事が可能なので早い場合には誤解から6回の脱毛施術で毛が生えてこなくなるのです。ただし、この医療レーザー脱毛にはお肌への負担が大きくその費用も割と高額になりますので、できるだけ医療脱毛経験者がオススメの皮膚科や美容クリニックなどで医療脱毛の手術を行うことを推奨します。

またこの医療脱毛というものは毛が完全に帰ってこなくなるいわゆる永久脱毛は医療行為と位置づけられていることから永久脱毛ができるとアピールすることができるのは医療機関がこれに好みになるのでエステサロンなどで永久脱毛ができるとアピールしているようなところは危ない可能性があるので気をつけた方がよいでしょう。

そのためこの永久脱毛する場合には医師免許を持った医師による医療行為になるため高い出力のレーザー脱毛機器によるレーザー照射であっても可能であり毛を作る細胞や毛乳頭まで壊してしまうので永久脱毛することが可能になるのです。

美容脱毛(エステ脱毛)

エステサロンなどでの脱毛は光脱毛やIPL脱毛などが主流になっていますがどちらの脱毛方法は光の照射パワーが医療脱毛のレーザー脱毛よりも穏やかであるため水谷は医療脱毛ほど無いのですがそれでも輪ゴムで弾かれたようなパチンとしたような痛みはあります。ただ最近では痛みが伴うないような方式も存在しています。

これらの脱毛方法はあくまでも利用行為としての施術であるため医療脱毛とは違っていきなり毛がなくなるのではなく徐々に毛が目立たなくなるといったような効果になります。肌への負担も医療脱毛に比べて少ないのですが、その代わりに一般的には12回から18回程度はエステサロンに通う必要が出てきますけだし市場は医療脱毛に比べて安価なので比較的リーズナブルな価格になっています。

なお、このエステサロンでの脱毛施術は家庭用の美容脱毛器の部類に入るのです。そのためご自分で家庭用脱毛器を購入して脱毛するのとあまり効果は変わらないと考えて良いでしょう。

のようなことからしっかりと脱毛をするのであれば、たとえ若干痛くてもクリニックもしくは美容外科などの医療脱毛を推奨します。またエステサロンではいわゆる永久脱毛は絶対に出来ないのでそのようなことをアピールしているエステサロンには十分に注意をしましょう。

ムダ毛が嫌いな女性たち

ムダ毛と言うと「無駄」という文字通りわざわざはえなくても良いのになどと思う人も多いのではないでしょうか。 しかしこのムダ毛というものは本来人間の身体には保護するための役割を担っているものなのです。

つまり現代のように指摘や衣類を着用にするようになった人間にとってはもはやこのようなムダ毛は不必要なのかもしれません。もし万が一古館が存在した方がセクシーだとかムダ毛がかわいいであるといったような文化が主流であるようなことがあればそんなこともないのでしょうが、残念ながら少なくとも現在の日本においても世界においてもムダ毛というものは出来る限り脱毛した方がセクシーであり仕事だと言うことでムダ毛の存在は特に女性にとって悩みの種になっているのが現状です。

そのためこのようなムダ毛は女性にとってできるだけ処理してしまいたい、つまり脱毛してしまうみたいものです。そこで世の中の女性たちがムダ毛をどのように脱毛しているのか調査を行った結果があります。

この結果によるとアンケートに回答した女性内の約90%以上の女性が何らかの形でだけの処理をしているということでした。たた全くムダ毛の処理をしていない女性もいるということがわかった驚きの反面、ほぼすべての女性が何らかの形でムダ毛の処理つまり脱毛処理をしていると考えてよいのです。それではどのようにして女性たちは脱毛主義をしているのでしょうか。

ムダ毛を除去する方法の半数は脱毛サロン

前述のようにほぼすべての女性が何らかの形でムダ毛の処理をしているわけですが、そのムダ毛の処理の方法、つまり脱毛処理はどのような方法で行っているのかということをアンケートで調べたところ全て自分で脱毛処理をしている、つまり自己処理をしていると言う人女性(10%程度で部分的にはエステサロンやクリニックなどで脱毛処理をしているという女性が約30%程度であり、全てエステサロンやクリニック脱毛処理をしているという女性が約10%程度だったのです。

さらに年代別で調査をしてみると自己処理をしている女性の比率が10代の女性が20代の女性の場合には約40%と下りにしてやクリニックなどで脱毛をするという女性の方がメインとなりつつあるのです。

このように現在ではエステサロンやクリニックなどで脱毛処理をする女性が非常に増えてきているといえます。そこで身体のどの部分の脱毛処理が人気があるのかということを調べたところ次のような結果になりました。

第1位:脇の脱毛

第2位:膝の下の脱毛

第3位:肘の下の脱毛

第4位:VIO脱毛

これ以外にも手の甲や二の腕や太ももなどが続きます、がこのように第1位から第4位までの部分については比較的外からよく見える部位であるため昔から何らかの形で脱毛処理は女性にとっては必須の部分だったと考えられます。

VIO脱毛をしている人はどの程度いるか

そこで第4位のVIO脱毛ですが、このVIO脱毛とはご存知の通りデリケートゾーンのことつまり下半身のアソコのこと、このVIO脱毛についてはたとえプロのエステシャンと言うと自らのアソコを見せるのは抵抗があるものですど。Vラインだけならまだしも、Iライン・Oラインはかなり勇気を必要とします。

       

実際どの程度の女性がパンダの脱毛をしているのか気になるところですが、最近の女性は早い段階からVIO脱毛を行っているのです!特に近年ヨーロッパやアメリカなどのセレブがテレビドラマや映画などでVIO脱毛処理をしていた事を見たのをきっかけに日本でも定着してきたのです。

その結果のアンケートの調査の中で女性の約半数がエステサロンと脱毛行っていてその約4割がVIO脱毛をしているということは分かっています。全体としては約30%ほどの女性がVIO脱毛処理をしていることになります。ただし、年齢別に見ると20歳代や30歳代の女性の約半分はVIO脱毛をしていることになるので無駄毛だけを気にしている世代だけの女性を見るとVIO脱毛をしている割合はもっと高くなるでしょう。

VIO脱毛のメリット

一般的に脱毛のメリットと言えば当然のことですが人目が気にならなくなるということが1番最初に挙げられます。例えば真夏の電車のつり革などを手で掴もうとする際にふと腕を上げた際にひじの下や脇の下などは露出してしまいます。

そのような時にうっかり脱毛の処理漏れなどがあったりすると同じ女性から見てもあまり似て美しいものではありません。もちろん国や文化によってはそうとは限らないかもしれませんがこの日本ではほぼ全ての女性が脇の下などの脱毛処理はしているという回答からわわかるとおり脇の下などの脱毛処理するのはごく一般的でしょう。

特に男性の目は厳しいものがありますので気になってしまうものです。また毛がなくなってしまうことにより毛に付着する雑菌やカビの増殖を抑える効果があるので、ワキガの臭いや肌のトラブルの軽減につながるというメリットもあります。

特にVIO脱毛については生理中のデリケートゾーンのムレや嫌な臭いの心配から解放されるというメリットもあるという声も多く感じるという女性の声が多いようなのです。

またそのようなムダ毛の自己処理を継続するとお肌の黒ずみや埋没毛などのトラブルを招くと言われていることから、そのような肌のトラブルを未然に防止するためにも、エステサロンやクリニックでの脱毛をすることは大きなメリットがあるといえるのです。

デリケートゾーンの脱毛事情と注意事項

VIO脱毛にメリットがあるとは言え、まだまだエステサロンでVIO脱毛してもらうには恥ずかしくて抵抗があることから、やはり自己処理てしま捨ててしまう女性が多いのも事実です。 しかしデリケートゾーンの脱毛の自己処理というものは、下手をすると色素沈着などをごしやくすくお肌へのダメージが大きいので十分に注意する必要があるのです。

もしどうしてもVIO脱毛の自己処理をする場合は、まずはVライン、IラインそしてOラインの脱毛する範囲を確認することが大切になります。 Vラインはいわゆるビキニラインのことで前部分トライアングルの両サイドの位置です。

つまりショーツのサイド部分のイメージをすれば良いでしょう。次にIラインですがこの位置は大腿部の間の部分で下着に隠れている位置になります。そしてOラインは肛門周りの場所になります。実際のVIO脱毛の範囲についてはエステサロンによって違いますのでしっかりと事前に確認することが大切なことになります。ただ、実際にこのような分野用ラインの脱毛の自己処理をする際に気をつけたい部分があります。

1つ目としてはVラインは形を決めるのが慣れていないと難しいため脱毛する範囲がどうしても狭くなってしまいその結果再び毛が生えてくると余計に気になってしまうということがあります。

2つ目としては毛抜きやワックスを使って無理に毛を抜いたりすることによって毛穴が炎症を起こしてしまい化膿することもあります。

3つ目としては再び毛が伸びてきたらチクチクとして痛くなったりすぐに太く目立ってしまい毎日毛を剃っていたりすると肌が黒ずんでしまったりします。

4つ目としては毛穴がぶつぶつとしてきて皮膚を続けてしまいやすいということがあります。

5つ目としては毛が皮膚の上に出て来なくなってしまい、埋没毛が増えてしまうといったようなことがあります。

このようなアンダーヘアの脱毛の自己処理はカミソリもしくはシェーバーを使って剃る人が多いようです。この部分はどうしても見づらい部分になりますので脱毛の事故処理に時間がかかってしまい、その結果首や背中が痛くなってしまう苦労もあるのです。

エステサロン脱毛のメリット

脱毛処理のメリットと言えばまず言えるのが、人目が気にならなくなるということが1番にかけられるのではないでしょうか。例えば夏の電車のつり革を掴む時などに腕を上げた際に肘の下や脇の下などが露出されてしまうものです。

そのような時、脱毛処理漏れがあった場合には同じ女性から見てもあまり良い印象ではありません。もちろんそのような事は国や文化によってそのような事はないのかもしれないのですが少なくとも日本では現実としてほぼすべての女性が脇の下などの脱毛処理はしているという結果からもわかるように脇の下などを脱毛処理をするのが一般的なのです。

特に男性の目は厳しいので気にならないというようなことはないでしょう。また毛を剃ってしまうことによって毛に付着している殺菌や家具の増殖を抑制する効果があるため、その結果として、臭いやお肌のトラブルの防止にもつながるのです。

特にVIO脱毛に関しては女性の生理中のデリケートゾーンのムレや臭いが出る身体から解放されるというメリットがあるでしょう。これは女性にとっては非常に大きなメリットと言えるのです。

また脱毛の自己処理を続けていたりするとお肌の黒ずみや埋没毛などといったようなトラブルを招きやすいのですが、そのようなトラブルもサロン脱毛であれば未然に防いでくれると言う意味でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

エステサロン脱毛のデメリット

前述のように、脱毛のメリットばかりあげてきましたが、脱毛には当然デメリットもあるのです。サロン脱毛の場合には一般的には費用と時間がかかってしまいます。具体的な費用については脱毛サロンに通ってれば通っただけ、つまりエステサロンで脱毛施術が長くかかればかかるほど費用がかさんでしまうことが多いのです。

また毛の量が多く毛の一つ一つが濃い人はサロン脱毛の費用が高くなってしまう傾向にあります。またエステサロンによっては建物の施術を受けるための予約を取りにくいとか思ったような時間に予約を取ることができないと言う事も有ります。その他にも引っ越しをして脱毛サロンに通えなくなったといったようなことでは脱毛施術が完了する前に辞めざるを得なくなったというような人もいます。

また中には脱毛サロンの勧誘がしつこいとか脱毛サロンから高額な商品を売りつけられたとか解約の際にもトラブルになったというようなケースもありますのでどこの脱毛するんで手術を受ければよいのか企業名以外にも脱毛サロンの運営方法やスタッフのスキルなどを気にする人も多いようです。